29−46 解答

スポンサーリンク

正答:4

解説
a 文章通り
「ジフェンヒドラミンを含む成分については、吸収されたジフェンヒドラミンの一部が乳汁に移行して乳児に昏睡を生じるおそれがある。」

b 抗ヒスタミン成分は、抗コリン作用を示すため、排尿困難の症状の悪化を招くことがある
抗ヒスタミン成分は、抗コリン作用も示すため、副作用として排尿困難、口渇、便秘などがあらわれることがある。

c 文章通り
「メキタジンは、まれに重篤な副作用としてショック(アナフィラキシー)、肝機能障害、血小板減少を生じることがある。」

d クロルフェニラミンマレイン酸塩は、肥満細胞から遊離したヒスタミンがH1受容体(ヒスタミン受容体)と反応するのを妨げることにより抗ヒスタミン作用を示す。

タイトルとURLをコピーしました