29−3 解答

スポンサーリンク

正答:5

解説
a 文章通り
「医薬品は、少量の投与でも長期投与されれば慢性的な毒性が発現する場合がある。」

b 医薬品に対しては製造販売後安全管理の基準としてGood Vigilance Practice(GVP)と製造販売後の調査及び試験の実施の基準としてGood Post-Marketing Study Practice(GPSP)が制定されている。

c 文章通り
「薬物の毒性の指標として、50%致死量(ld50)が用いられる。」

d 文章通り
「医薬品毒性試験法ガイドラインに沿って、単回投与毒性試験や反復投与毒性試験等の毒性試験が厳格に実施されている。」

タイトルとURLをコピーしました