29−39 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
1 コレステロールの産生及び代謝は、主として肝臓で行われる。

2 高密度リポタンパク質(HDL)は、末梢組織のコレステロールを取り込んで肝臓へと運ぶリポタンパク質である。
低密度リポタンパク質(LDL)は、コレステロールを肝臓から末梢組織へと運ぶリポタンパク質である。

3 文章通り
「リノール酸は、コレステロールと結合して、代謝されやすいコレステロールエステルを形成するとされる。」

d パンテチンは、LDL等の異化排泄を促進し、リポタンパクリパーゼ活性を高めて、高密度リポタンパク質(HDL)産生を高める作用があるとされる。
大豆油不鹸化物(ソイステロール)は、腸管におけるコレステロールの吸収を抑える。

タイトルとURLをコピーしました