29−38 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
a 不安やストレス等の精神的な要因で起こることがある

b 文章通り
「動悸は、心臓の働きが低下して十分な血液を送り出せなくなり、脈拍数を増やすことによってその不足を補おうとして起こる。」
動悸とは、心臓の拍動が強く速くなり、脈拍が乱れることが不快に感じる状態。
動悸の原因の多くは心臓であるものの、甲状腺機能亢進症やうつ病、ストレスなどで生じることもある。

c 文章通り
「息切れは、心臓から十分な血液が送り出されないと体の各部への酸素の供給が低下するため、呼吸運動によって取り込む空気の量を増やすことでそれを補おうとして起こる。」
息切れとは、息をすると胸苦しさや不快感があり、意識的な呼吸運動を必要とする状態。
呼吸器疾患や循環器疾患で起こるが、ストレスなどで生じることもある。

d 体調不良時は平静にしていても起こることがある

タイトルとURLをコピーしました