29−30 解答

スポンサーリンク

正答:4

a 口腔咽喉薬には、去痰成分は配合されず、鎮咳成分や気管支拡張成分が配合されている。

b トローチ剤やドロップ剤は、噛まずにゆっくり溶かすようにすることで一層効果が期待できる。

c 口腔咽喉薬・含嗽薬は、口腔内や咽頭における局所的な作用を目的とする医薬品だが、全身的な影響を生じることがある
口腔や咽頭の粘膜から口腔咽頭薬・咳嗽薬が吸収され、血液中に入り全身に循環する。
このことにより全身的な影響を生じることがある。

d 文章通り
「含嗽薬を用いる場合、顔を上向きにして咽頭の奥まで薬液が行き渡るようにガラガラを繰り返してから吐き出し、それを数回繰り返すのが効果的なうがいの仕方とされる。」

タイトルとURLをコピーしました