29−2 解答

スポンサーリンク

正答:4

解説
1 非臨床試験における医薬品の安全性の評価基準として、国際的に Good LaboRatoyy Practice(GLP)が制定されている。

2 医薬品については、食品とは異なるため、安全性基準も異なる
食品と健康食品。保健機能食品、医薬品の区別について理解を深めて置くことが重要。

3 医薬品の効果とリスクは、薬物暴露時間と暴露量ので表現される用量―反応関係に基づいて評価される。

4 文章通り
「医薬品は、治療量上限を超えると、効果よりも有害反応が強く発現する「中毒量」 となり、「最小致死量」を経て、「致死量」に至る。」
薬物の投与量と効果・毒性の関係を知っておく必要がある。

タイトルとURLをコピーしました