29−28 解答

スポンサーリンク

正答:2

気管支拡張成分には、アドレナリン作動成分とキサンチン系成分がある。

アドレナリン作動成分は交感神経を刺激することで気管支を拡張させて咳や喘息の症状を鎮める。

代表的なアドレナリン作動成分

  • メチルエフェドリン塩酸
  • メチルエフェドリンサッカリン塩
  • トリメトキノール塩酸塩
  • メトキシフェナミン塩酸塩

キサンチン系成分は、自律神経系を介さずに、気管支の平滑筋に直接作用して弛緩させて気管支を拡張させる。
神経系を介さずに気管支を拡張するが、中枢神経系を興奮させる作用はあるため、甲状腺機能障害やてんかんの診断を受けた人は注意が必要。

代表的なキサンチン系成分

  • ジプロフィリン

その他生薬成分があり、マオウがある。
マオウも交感神経系への刺激作用があるため、特定の持病を持つ人は注意が必要である。

タイトルとURLをコピーしました