29−25 解答

スポンサーリンク

正答:1

a 文章通り
「抗コリン成分は、中枢に作用して自律神経系の混乱を軽減させるとともに、末梢では消化管の緊張を低下させる作用を示す。」
抗コリン成分では、眠気を促すほかに、散瞳による目のかすみや異常なまぶしさを引き起こすことがある。

b 文章通り
「抗ヒスタミン成分は、延髄にある嘔吐中枢への刺激や内耳の前庭における自律神経反射を抑える作用を示す。」
ジメンヒドリーナ、メクリジン塩酸塩、クロルフェニラミンマレイン酸塩、ジフェンヒドラミンサリチルなどがある。

c 抗めまい成分として、ジフェニドール塩酸塩が配合されている場合がある。
内耳にある前庭と脳を結ぶ前庭神経の調節作用、内耳への血流を改善する作用がある。
抗ヒスタミン成分と共通する似ている薬理作用を示す。

d 抗コリン成分であるスコポラミン臭化水素酸塩は、消化管からよく吸収され、抗ヒスタミン成分であるメクリジン塩酸塩と比べて作用の持続時間は短い
消化管からよく吸収されるため、他の抗コリン成分と比べて脳内に移行しやすいとされている。

タイトルとURLをコピーしました