29−24 解答

スポンサーリンク

正答:2

a 反復摂取により依存を形成する性質がある

b 文章通り
「心筋を興奮させる作用があり、副作用として動悸が現れることがある。」
脳に軽い興奮状態を引き起こし、一時的に眠気や倦怠感を抑える作用がある。
脳が過剰に反応することにより、選択肢のような副作用があらわれる。

c 腎臓における水分の再吸収促進作用があり、尿量の増加をもたらす。
=利尿作用がある。

d 胃液分泌亢進作用があり、副作用として胃腸障害が現れることがある。
胃酸過多や胃潰瘍のある人は服用を避ける必要がある。

タイトルとURLをコピーしました