29−22 解答

スポンサーリンク

正答:1

a 文章通り
サリチルアミドは、発熱を鎮め、痛みを和らげる目的で配合される。
サリチルアミドやエテンザミドは15歳未満の小児で水痘(水疱瘡)またはインフルエンザに罹患している場合は使用できない。
特にインフルエンザ流行の時期には注意が必要。

b 文章通り
メキタジンは、くしゃみや鼻汁を抑える目的で配合される。
メキタジンは抗ヒスタミン成分として配合されている。
これは解熱鎮痛薬と併用すると成分が重複して効き目が強くなりすぎ、眠気や口渇感などの副作用が起こりやすくなるおそれがあるため、注意が必要。

c ノスカピンは、鎮咳去痰を目的として配合される
ノスカピンは、中枢性非麻薬性鎮咳成分である。

d グアイフェネシンは、去痰を目的として配合される

タイトルとURLをコピーしました