29−20 解答

スポンサーリンク

正答:5

解説
a CJDは、タンパク質の一種であるプリオンが脳の組織に感染することによって発症する。

b 文章通り
「CJDは、次第に認知症に類似した症状が現れ、死に至る重篤な神経難病である。」
症状がアルツハイマー病と似ており、のちにCJDであると判明する例もある。

c 文章通り
「CJD訴訟は、脳外科手術等に用いられたヒト乾燥硬膜を介してCJDに罹患したことに対する損害賠償訴訟である。」

d 文章通り
「CJD訴訟は、生物由来製品による感染等被害救済制度が創設される契機のひとつとなった。」

サリドマイド訴訟、スモン訴訟、HIV訴訟、CJD訴訟の4つの訴訟は、誰がなんの薬を飲み、どのような副作用が出て、どのような制度を作る契機となったのか、をおさえておく必要がある。

タイトルとURLをコピーしました