29−19 解答

スポンサーリンク

正答:3

解説
a 文章通り
「血友病患者が、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が混入した原料血漿から製造された血液凝固因子製剤の投与を受けたことにより、HIVに感染したことに対する損害賠償訴訟である。」
血友病とは、出血を止める際に必要なものの1つの「血液凝固因子」が先天的に欠乏、または不足している病気のこと。

b 国及び製薬企業を被告として、1989年5月に大阪地裁、同年10月に東京地裁で提訴され、1996年に両地裁で和解が成立した
この後、和解を踏まえて、国は医薬品副作用等による健康被害の再発防止に向けた取り組みを推進し、薬事法を改正し成立、施行させた。

c 文章通り
「HIV訴訟を契機に、血液製剤の安全確保対策として、検査や献血時の問診の充実が図られた。」

d 文章通り
「国は、HIV感染者に対する恒久対策として、エイズ治療研究開発センター及び拠点病院の整備や治療薬の早期提供等の様々な取り組みを推進してきている。」

タイトルとURLをコピーしました