29−18 解答

スポンサーリンク

正答:4

解説
a スモン訴訟とは、整腸剤として販売されたキノホルム製剤を使用したことにより、亜急性脊髄視神経症(スモン)に罹患したことに対する損害賠償訴訟である。

b キノホルム製剤は、一般用医薬品として販売され、一般生活者が手に入れやすい環境であった。
サリドマイド訴訟と併せて契機となり、1979年に医薬品副作用被害救済制度が創設された。

c 文章通り
「スモン患者に対しては、治療研究施設の整備、治療法の開発調査研究の推進、施術費及び医療費の自己負担分の公費負担、世帯厚生資金貸付による生活資金の貸付、重症患者に対する介護事業が講じられている。」

d 文章通り
「スモン訴訟をひとつの契機として、医薬品の副作用による健康被害の迅速な救済を図るため、医薬品副作用被害救済制度が創設された。」

タイトルとURLをコピーしました