29−17 解答

スポンサーリンク

正答:4

サリドマイドは、妊娠している女性が摂取した場合、( a血液胎盤関門 )を通過して胎児に移行する。
サリドマイド訴訟は、( b催眠鎮静剤 )等として販売されたサリドマイド製剤を妊娠している女性が使用したことにより、出生児に四肢欠損、耳の障害等の先天異常(サリドマイド胎芽症)が発生したことに対する損害賠償訴訟である。
サリドマイドによる薬害事件は、我が国のみならず世界的にも問題となったため、WHO加盟国を中心に( c市販後 )の副作用情報の収集の重要性が改めて認識され、各国における副作用情報の収集体制の整備が図られることとなった。

血液胎盤関門は通常さまざまな物質の移行を抑止する働きがあるが、医薬品を母体が使用した場合に、どの程度胎児への影響があるかは、解明されてない部分がある。

タイトルとURLをコピーしました