29−120 解答

スポンサーリンク

正答:2

解説
a 文章通り
「ジフェンヒドラミン塩酸塩が配合された医薬品は、排尿筋の弛緩と括約筋の収縮が起こり、尿の貯留を来すおそれがあるため、排尿困難の症状がある人は「相談すること」とされている。」

b フェルビナクが配合された外用鎮痛消炎薬は、感染に対する効果はなく、逆に感染の悪化が自覚されにくくなるおそれがあるため、「してはいけないこと」の欄に、「患部が化膿している人」「次の部位には使用しないこと:水痘(水ぼうそう)、みずむし・たむし等又は化膿している患部」と記載されている。

c ジプロフィリンが配合された医薬品は、中枢神経系の興奮作用により、てんかんの発作を引き起こすおそれがあるため、てんかんの診断を受けた人は「相談すること」とされている。

d 文章通り
「次硝酸ビスマスが配合された止瀉薬は、海外において長期連用した場合に精神神経症状が現れたとの報告があるため、1週間以上継続して「服用しないこと」とされている。」

タイトルとURLをコピーしました