29−118 解答

スポンサーリンク

正答:1

解説
1 文章通り
「プソイドエフェドリン塩酸塩」
交感神経刺激作用により、尿の貯留・尿閉を生じるおそれがあるため。

2 インドメタシンは、外用鎮痛消炎薬として用いられる。
一定期間または一定回数使用しても症状の改善がみられない場合は、ほかに原因がある可能性があるため、「長期連用しないこと」として「してはいけないこと 」欄に記載されている。

3 アスピリンは、「本剤または他のかぜ薬、解熱鎮痛薬を使用(服用)してぜんそくを起こしたことがある人」(アスピリン喘息を誘発するおそれがあるため)、「15歳未満の小児」(ライ症候群の発症との関連性が示唆されているため)、「出産予定日12日以内の妊婦」(妊娠期間の延長、胎児の動脈管の収縮・早期閉鎖、子宮収縮の抑制、分娩時出血の増加のおそれがあるため)として「してはいけないこと 」欄に記載されている。

4 ビタミンA主薬製剤は、「妊娠3ヶ月以内の妊婦、妊娠していると思われる人又は妊娠を希望する人」として「相談すること」欄に記載されている。

タイトルとURLをコピーしました