29−116 解答

スポンサーリンク

正答:1

解説
要指導医薬品又は一般用医薬品の使用による副作用被害への救済給付の請求にあたっては、( a医師の診断書 )、要した医療費を証明する書類(領収書等)等のほか、その医薬品を販売等した( b薬局開設者 )、医薬品の販売業者の作成した販売証明書等が必要となる。

タイトルとURLをコピーしました