29−113 解答

スポンサーリンク

正答:5

解説
a 医薬品との因果関係が明確でない場合も、報告の対象となる。

b 医薬品の過量使用や誤用等によるものと思われる健康被害については、安全対策上必要があると認める時は報告の対象となる

c 副作用の症状が、その医薬品の適応症状と見分けがつきにくい場合も、報告の対象となる

d 文章通り
「医薬品によるものと疑われる身体の変調・不調、日常生活に支障を来す程度の健康被害については、報告の対象になる。」

タイトルとURLをコピーしました