29−10 解答

スポンサーリンク

正答:1

解説
1 一般に生理機能が衰えつつあり、特に、肝臓や腎臓の機能が低下していると医薬品の作用が強く現れやすく、副作用が生じるリスクは若年時と比べて高くなる
高齢者の生理機能の低下には個人差が大きいため、年齢のみからリスクの増大を判断することは難しい。

2 文章通り
「持病(基礎疾患)を抱えていることが多く、一般用医薬品の使用によって基礎疾患の治療の妨げとなる場合がある。」
基礎疾患の聞き取りを行うことや、医療機関への相談が必要となる。

3 文章通り
「医薬品の副作用で口渇を生じることがあり、誤嚥を誘発しやすくなるので注意が必要である。」
誤嚥とは、飲食物が誤って食道ではなく気管に入ってしまうことである。
これにより誤嚥性肺炎が引き起こされることがある。

4 文章通り
「医薬品の飲み忘れを起こしやすい傾向があり、家族の理解や協力も含めた配慮が重要となることがある。」
飲み忘れのほか、取り違いが起こる可能性もある。

タイトルとURLをコピーしました