29−104 解答

スポンサーリンク

正答:4

解説
a 副作用については、まず、一般的な副作用について副作用名ごとに症状が記載され、そのあとに続けて、まれに発生する重篤な副作用について発現部位別に症状が記載されている。

b 一般的な副作用として記載されている症状には、重篤な副作用の初期症状である可能性があるものも含まれる

c 文章通り
「各医薬品の薬理作用等から発現が予測され、容認される軽微な症状であるが、症状の持続又は増強がみられた場合には、いったん使用を中止した上で専門家に相談する旨が記載されている。」
例えば、抗ヒスタミン薬の眠気などがある。
これは、「(使用後に)相談すること」として、薬理作用等から発現が予測される軽微な症状がみられた場合、に記載されている。

d 文章通り
「漢方処方製剤では、ある程度の期間継続して使用されることにより効果が得られるとされているものが多いが、長期連用する場合には、専門家に相談する旨が記載されている。」
これは、「(使用後に)相談すること」として、一定期間または一定回数使用したあとに症状の改善がみられない場合、に記載されている。

タイトルとURLをコピーしました