28-45 次の記述は、鼻炎と鼻炎用点鼻薬に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

スポンサーリンク

28-45 次の記述は、鼻炎と鼻炎用点鼻薬に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

a 急性鼻炎は、鼻腔内に付着したウイルスや細菌が原因となって生じる鼻粘膜の炎症で、かぜの随伴症状として現れることが多い。
b 鼻炎用点鼻薬は、鼻づまりや鼻みず(鼻汁過多)、くしゃみ、頭重(頭が重い)の緩和を目的として、鼻腔内に適用される内用液剤である。
c スプレー式鼻炎用点鼻薬を使用する前に鼻をかむと、効果が薄くなる。
d ヒスタミンの遊離を抑える成分は、アレルギー性でない鼻炎に対しては、無効である。

1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(c、d)

答えはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました