28-36 浣腸薬とその有効成分に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

スポンサーリンク

28-36 浣腸薬とその有効成分に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 直腸内に適用される医薬品であり、剤形には注入剤(肛門から薬液を注入するもの)のみが存在する。
2 繰り返し使用すると直腸の感受性の低下(いわゆる慣れ)が生じて効果が弱くなるため、連用しないこととされている。
3 グリセリンは、浸透圧の差によって腸管壁から水分を取り込んで直腸粘膜を刺激し、排便を促す効果を期待して用いられる。
4 炭酸水素ナトリウムは、直腸内で徐々に分解して炭酸ガスの微細な気泡を発生することで直腸を刺激する作用を期待して用いられる。

答えはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました