28-33 腸の薬とその有効成分に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

スポンサーリンク

28-33 腸の薬とその有効成分に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 腸内細菌のバランスを整えることを目的として、ビフィズス菌、アシドフィルス菌、ラクトミン、乳酸菌、酪酸菌等の生菌成分が用いられる。
2 収斂成分を主体とする止瀉薬については、細菌性の下痢や食中毒のときに使用して腸の運動を鎮めると、かえって状態を悪化させるおそれがある。
3 タンニン酸アルブミンに含まれるアルブミンは、牛乳に含まれるタンパク質から精製された成分であるため、牛乳にアレルギーがある人では使用を避ける必要がある。
4 ロぺラミド塩酸塩を含む一般用医薬品は、麻痺性イレウス発症のおそれがないことから、15歳未満の小児にも適用される。

答えはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました