28-32 次の記述は、胃の薬の配合成分に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

スポンサーリンク

28-32 次の記述は、胃の薬の配合成分に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

a スクラルファートは、アルミニウムを含む成分であるため、透析を受けている人では使用を避ける必要がある。
b ウルソデオキシコール酸は、胃液の分泌を促す作用があるとされ、消化を助ける効果を期待して用いられる。
c セトラキサート塩酸塩は、代謝されてトラネキサム酸を生じるため、血栓のある人、血栓を起こすおそれのある人では、生じた血栓が分解されにくくなることが考えられる。
d ピレンゼピン塩酸塩は、消化管の運動を亢進して、胃液の分泌を促す作用を示すとされる。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)

答えはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました