28-3 医薬品のリスク評価に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

スポンサーリンク

28-3 医薬品のリスク評価に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 医薬品は、使用方法を誤ると健康被害を生じることがある。
b 医薬品の効果とリスクは、薬物暴露時間と暴露量との和で表現される用量-反応関係に基づいて評価される。
c 医薬品の投与量と効果の関係は、薬物用量を増加させるに伴い、効果の発現が検出されない「無作用量」から、最小有効量を経て「治療量」に至る。
d 新規に開発される医薬品のリスク評価は、安全性に関する非臨床試験の基準であるGood Laboratory Practice(GLP)に準拠して実施されている。

a b c d
1 正 正 誤 正
2 誤 正 誤 誤
3 正 誤 正 正
4 誤 誤 正 正
5 正 正 正 誤

答えはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました