28-24 ヒスタミンと抗ヒスタミン成分に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

スポンサーリンク

28-24 ヒスタミンと抗ヒスタミン成分に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 生体内情報伝達物質であるヒスタミンは、脳の下部にある睡眠・覚醒に関与する部位で神経細胞の刺激を介して、覚醒の維持や調節を行う働きを担っている。
2 脳内におけるヒスタミン刺激が低下すると、眠気が促される。
3 ホルモンのバランスの変化により妊娠中に生じる睡眠障害は、抗ヒスタミン成分を含有する睡眠改善薬の適用の対象となる。
4 抗ヒスタミン成分を含有する医薬品を服用後は、自動車の運転等、危険を伴う機械の操作に従事させてはならない。

答えはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました