28-22 解熱鎮痛成分に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

スポンサーリンク

28-22 解熱鎮痛成分に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 アセトアミノフェンは、主として中枢作用によって解熱・鎮痛をもたらすため、末梢における抗炎症作用は期待できない。
2 ピリン系の解熱鎮痛成分として、アスピリンやサザピリンがある。
3 イブプロフェンは、一般用医薬品において15歳未満の小児に対しては、いかなる場合も使用してはならない。
4 アスピリン喘息はアスピリン特有の副作用ではなく、他の解熱鎮痛成分でも生じる可能性がある。

答えはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました