28-20 クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)とCJD訴訟に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

スポンサーリンク

28-20 クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)とCJD訴訟に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a CJDは、タンパク質の一種(プリオン)が原因物質とされている。
b CJDは、認知症に類似した症状が現れる神経難病である。
c CJDは、心臓外科手術の際に、原因物質に汚染されたヒト乾燥硬膜が用いられたことにより発生した。
d CJD訴訟は、生物由来製品による感染等被害救済制度の創設にあたっての契機のひとつとなった。

a b c d
1 正 正 誤 誤
2 誤 正 正 誤
3 正 正 誤 正
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 正 誤

答えはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました