28-15 プラセボ効果(偽薬効果)に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

スポンサーリンク

28-15 プラセボ効果(偽薬効果)に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 医薬品を使用したときにもたらされる反応や変化には、薬理作用によるもののほか、プラセボ効果によるものも含まれている。
b プラセボ効果によってもたらされる反応や変化に、不都合なもの(副作用)はない。
c プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待(暗示効果)や、条件付けによる生体反応、時間経過による自然発生的な変化(自然緩解など)等が関与していると考えられる。
d プラセボ効果は主観的な変化であり、客観的に測定可能な変化として現れることはない。

a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 正 誤 誤
3 誤 誤 誤 正
4 誤 正 正 誤
5 正 誤 誤 正

答えはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました