28−97 解答

スポンサーリンク

正答:3

a 文章通り
「医薬品の販売広告に関しては、医薬品医療機器等法による保健衛生上の観点からの規制のほか、不当な表示による顧客の誘引の防止等を図るため、「不当景品類及び不当表示防止法」や「特定商取引に関する法律」の規制もなされている。」

b 文章通り
「一般人が認知できる状態であり、顧客を誘引する意図が明確であれば、特定の医薬品の商品名が明らかにされていなくても医薬品の広告に該当する。」

医薬品の広告に該当する・規制対象となるもの

  • 顧客を誘引する意図が明確であること
  • 特定の医薬品の商品名(販売名)が明らかにされていること
  • 一般人が認知できる状態であること

(このすべてを満たすものが該当する)

c 医薬品医療機器等法第66条(誇大広告)及び第68条(承認前の医薬品に係る広告)に関する規定は、広告等の依頼主、その他の広告等に関与する者が対象である
誇大広告禁止、未承認医薬品広告禁止の条文は、全ての人が対象である。

d 一般用医薬品の販売広告としては、製薬企業の依頼によりマスメディアを通じて行われるものが含まれるが、薬局において販売促進のため用いられるチラシやダイレクトメール、POP広告も含まれる

タイトルとURLをコピーしました