28−8 解答

スポンサーリンク

正答:5

a 文章通り
「薬物が生体の生理機能に影響を与えることを薬理作用という。」
通常、医薬品には複数の薬理作用があり、医薬品を使用した場合には主作用以外の作用が現れることもある。
このうち好ましくない反応を副作用とよぶ。

b 医薬品は、十分注意して適正に使用しても、予期せぬ副作用を生じることがある
また、副作用には異変を容易に把握できるものだけではなく、自覚症状が現れない場合があるため注意が必要である。

c 文章通り
「医薬品による副作用の状況次第では、登録販売者などの専門家は、購入者等に対し、医療機関を受診するよう勧奨する必要がある。」
副作用の発生した場合には速やかな医療機関の受診を勧めることが必要。
また、継続使用する場合には、異常が感じられなくても医療機関の受診を促すことも重要。

d 文章通り
「複数の疾病を有する人の場合、ある疾病のために使用された医薬品の作用が、その疾病に対して薬効をもたらす一方、別の疾病に対しては症状を悪化させたり、治療が妨げられたりすることもある。」

タイトルとURLをコピーしました