28−7 解答

スポンサーリンク

正答:5

a 文章通り
「免疫は、本来、細菌やウイルスなどが人体に取り込まれたとき、人体を防御するために生じる反応である。」
しかし、免疫機構が過敏に反応して、好ましくない症状が引き起こされることがある。

b 文章通り
「通常の免疫反応の場合、炎症やそれに伴って発生する痛み、発熱等は、人体にとって有害なものを体内から排除するための必要な過程である。」
アレルギーにおいては組織に過剰な刺激を与える場合も多く、引き起こされた炎症自体が角の苦痛となることもある。

c 文章通り
「医薬品にアレルギーを起こしたことがない人でも、病気等に対する抵抗力が低下している場合には、医薬品によるアレルギーを生じることがある。」
内服薬だけではなく外用薬でもアレルギーは生じることがあるので注意が必要である。

d 人体にとって、アレルゲンとなり得る物質は、特定の物質に限られていない
免疫力の抵抗などの要因により、アレルゲンとなり得る物質は多岐に渡る。

タイトルとURLをコピーしました