28−75 解答

スポンサーリンク

正答:3

a 自律神経系は、交感神経系副交感神経系に分類される。

b 文章通り
「交感神経の節後線維の末端から放出される神経伝達物質はノルアドレナリンであるが、汗腺を支配する交感神経の節後繊維の末端では、例外的にアセチルコリンが伝達物質として放出される。」

c 文章通り
「副交感神経系が活発に働く場合、唾液腺では唾液分泌が亢進する。」

d 交感神経系が活発に働く場合、腸の運動は抑制される

中枢神経系は脳と脊髄から構成される。
末梢神経系は体性神経系と自律神経系に分類される。
体性神経系とは、随意運動や知覚を担う神経である。
自律神経系とは、無意識に働いている機能を担う神経である。
交感神経系は、体が緊張状態にに対応した態勢をとるように動く。
副交感神経系は、体が安息状態になるように働く。

タイトルとURLをコピーしました