28−69 解答

スポンサーリンク

正答:3

a 文章通り
「糸球体の外側を袋状のボウマン嚢が包み込んでおり、これを腎小体という。」

b 副腎皮質から分泌されるアルドステロンは、体内に水と塩分を貯留し、カリウムの排泄を促す作用がある。
電解質と水分の排泄調節を行なっているホルモンがアルドステロンである。

c 尿細管では、原尿中のブドウ糖やアミノ酸等の栄養分及び血液の維持に必要な水分や電解質が再吸収される。

d 文章通り
「尿のほとんどは水分であり、尿素、尿酸等の老廃物、その他微量の電解質を含む。」

 

吸収された水分は腎小体で尿素など血液中の老廃物が濾過される。
この濾過されたものを原尿という。
原尿は尿細管へ入り、原尿中のブドウ糖やアミノ酸などの栄養分、余分な水分、電解質が再吸収される。
その結果老廃物が濃縮され、余分な水分や電解質とともに尿となり、体外へ排出される。

タイトルとURLをコピーしました