28−63 解答

スポンサーリンク

正答:3

a 小腸は、栄養分の吸収に重要な器官であり、粘膜表面の絨毛を構成する細胞の表面には、さらに微絨毛が密生して吸収効率を高めている。

b 文章通り
「大腸の粘膜上皮細胞は、腸内細菌が食物繊維を分解して生じる栄養分を、その活動に利用している。」
腸内細菌による発酵により、糞便の臭いの元となる物質やメタン、二酸化炭素等のガスが生成される。

c 通常、糞便中の食物の残滓は約5%を占める。
糞便の内訳は
・腸壁上皮細胞の残骸…15~20%
・腸内細菌の死骸…10~15%
・食物の残滓…5%前後
であり、その大半は水分である。

d 肛門周囲は、静脈が細かい網目状に通っていて、それらの血管が鬱血すると痔の原因となる。

タイトルとURLをコピーしました