28−62 解答

スポンサーリンク

正答:3

a 肝臓は、脂溶性ビタミンであるビタミンA、D等を貯蔵することはでき、ビタミンB6やB12等の水溶性ビタミンも貯蔵することができる

b 文章通り
「肝臓では、必須アミノ酸以外のアミノ酸を生合成することができる。」

c 文章通り
「肝臓に蓄えられたグリコーゲンは、血糖値が下がったときなど、必要に応じてブドウ糖に分解されて血液中に放出される。」

d アルコールは、胃や小腸で吸収されるが、肝臓へと運ばれて一度アセトアルデヒドに代謝されたのち、さらに代謝されて酢酸になる。

肝臓の働き

  1. 栄養分の代謝・貯蔵
    ブドウ糖をグリコーゲンとして蓄える
    脂質をエネルギー源として利用可能な形に代謝する
    水溶性・脂溶性ビタミンを貯蔵する
  2. 生体に有害な物質の無毒化・代謝
  3. 生体物質の産生
    胆汁酸、コレステロール、血液凝固因子、アルブミンなどの産生
    非必須アミノ酸の産生
タイトルとURLをコピーしました