28−60 解答

スポンサーリンク

正答:4

a 妊娠検査薬は、通常、実際に妊娠が成立してから4週目前後の尿中ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)濃度を検出感度としている。
妊娠が成立すると胎児(受精卵)を取り巻く絨毛細胞からヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)が分泌され始める。

b 検体としては、尿中hCGが検出されやすい起床直後に採取した尿が向いている。
ただし、尿が濃すぎると結果に影響することがある。

c 文章通り
「妊娠の確定診断には、尿中ホルモン検査だけでなく、専門医による問診や超音波検査などの結果から総合的に妊娠の成立を見極める必要がある。」

d 文章通り
「妊娠が成立していたとしても、正常な妊娠か否かについては、妊娠検査薬による検査結果では判別できない。」

タイトルとURLをコピーしました