28−58 解答

スポンサーリンク

正答:1

1 ハエ、ダニ、蚊等の衛生害虫の防除を目的とする殺虫剤には、医薬品または医薬部外品として製造販売されている。
人体に対して作用が緩和な製品は医薬部外品として製造販売されている。

2 文章通り
「殺虫剤使用に当たっては、殺虫作用に対する抵抗性が生じるのを避けるため、同じ殺虫成分を長期間連用せず、いくつかの殺虫成分を順番に使用していくことが望ましい。」

3 文章通り
「燻蒸剤使用に当たっては、燻蒸処理が完了するまでの間、部屋を締め切って退出する必要がある。」

4 文章通り
「蒸散剤は、殺虫成分を基剤に混ぜて整形し、加熱したとき又は常温で徐々に揮散するようにしたものである。」

タイトルとURLをコピーしました