28−54 解答

スポンサーリンク

正答:1

a 文章通り
「システインは、髪や爪、肌に存在するアミノ酸の一種で、皮膚におけるメラニンの生成を抑えるとともに、皮膚の新陳代謝を活発にしてメラニンの排出を促す働きがあるとされる。」
肝臓のアルコール分解酵素の働きを助けてアセトアルデヒドと直接反応して代謝を促進するため、全身倦怠や二日酔いなどの症状を緩和する。
また、しみやそばかす、色素沈着症状を緩和する働きがある。

b 文章通り
「アミノエチルスルホン酸(タウリン)は、肝臓機能を改善する働きがあるとされる。」
細胞の機能維持の作用もある。

c 文章通り
「アスパラギン酸ナトリウムは、アスパラギン酸が生体におけるエネルギーの産生効率を高めるとされ、骨格筋の疲労の原因となる乳酸の分解を促す等の働きを期待して用いられる。」
骨格筋の疲労原因物質となる乳酸の分解を促進する。

d 文章通り
「コンドロイチン硫酸は、軟骨組織の主成分で、軟骨成分を形成及び修復する働きがあるとされる。」
ビタミンB1などと併用することで効率が上がる。

タイトルとURLをコピーしました