28−50 解答

スポンサーリンク

正答:4

a カルプロニウム塩化物は、末梢組織(適用局所)において、副交感神経系を刺激し(コリン作用)、頭皮の血管を拡張、毛根への血行を促すことによる発毛効果を期待して用いられる。

b 文章通り
「脱毛抑制効果を期待して、女性ホルモン成分の一種であるエストラジオール安息香酸エステルが配合されていることがある。」
妊娠中のものには使用しない。

c 文章通り
「カシュウは、頭皮における脂質代謝を高めて、余分な皮脂を取り除く作用を期待して用いられる。」

d 文章通り
「ヒノキチオールは、抗菌、血行促進、抗炎症などの作用を期待して用いられる。」

タイトルとURLをコピーしました