28−44 解答

スポンサーリンク

正答:3

a 文章通り
「蕁麻疹は、アレルゲン(抗原)との接触以外にも起こることがある。」
皮膚への接触以外に、皮膚への物理的な刺激等で生じるものや、傷んだ食品の摂取により生成されたヒスタミン様物質により生じるものがある。

b 文章通り
「クロルフェニラミンマレイン酸塩は、肥満細胞から遊離したヒスタミンが受容体と反応するのを妨げることにより、ヒスタミンの働きを抑える。」
抗コリン作用も示すため、副作用として排尿困難や口渇、便秘などが生じることがある。排尿困難や緑内障の人は医師に相談する必要がある。

c 文章通り
「鼻炎用内服薬には、メチルエフェドリン塩酸塩等のアドレナリン作動成分を含むものがある。」
アドレナリン作動薬は、交感神経を刺激して鼻粘膜の充血や腫れを和らげる働きがある。
中枢神経系を刺激するため、心臓血管系や肝臓でのエネルギー代謝へ影響する。

d アトピー性皮膚炎による慢性湿疹の治療には、医療機関における治療が推奨される
アトピー性皮膚炎とは、増悪と寛解を繰り返しながら慢性的に経過する湿疹である。気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などの病歴や家族歴があることが多いため、カウンセリングの際に聞き出すことが重要。

タイトルとURLをコピーしました