28−34 解答

スポンサーリンク

正答:5

a 文章通り
「酸化マグネシウムは、腸内容物の浸透圧を高めることで糞便中の水分量を増し、また、大腸を刺激して排便を促す。」
一部が腸で吸収され尿中に排泄される。
そのため腎臓病の診断を受けた人では高マグネシウム血症のおそれがある。

b ヒマシ油は、急激で強い瀉下作用をもたらすが、防虫剤や殺鼠剤を誤って飲み込んだ場合のような脂溶性の物質による中毒には使用しない
ヒマシ油は、小腸刺激性瀉下成分であり、小腸でリパーゼにより分解された物質が小腸を刺激して瀉下作用を示す。
急激で強い瀉下作用をもたらすため、激しい腹痛または悪心嘔吐症状の人、妊娠中、3歳未満の乳幼児には使用しない。

c 文章通り
「カルメロースカルシウムは、腸管内で水分を吸収して腸内容物に浸透し、糞便のかさを増やすとともに糞便を柔らかくすることによる瀉下作用を目的として、配合されている場合がある。」
腸管内の水分を吸収するため、十分に水分を摂取する必要がある。

d ピコスルファートナトリウムは、胃や小腸で分解されず、大腸への刺激作用を示す
大腸の腸内細菌に分解されて大腸へ刺激作用を示す。

タイトルとURLをコピーしました