28−31 解答

スポンサーリンク

正答:4

a 嘔吐は、延髄にある嘔吐中枢の働きによって起こる。
嘔吐中枢が刺激される経路はさまざまあるが、胃の痙攣など消化管での刺激が副交感神経系を通じて嘔吐中枢を刺激することにより吐き気につながることがある。

b 文章通り
「消化薬は、胃液の分泌亢進による胃酸過多や、それに伴う胸やけ、腹部の不快感、吐きけ等の症状を緩和することを目的とする医薬品である。」

c 文章通り
「健胃薬に配合される生薬成分は、独特の味や香りを有し、唾液や胃液の分泌を促して胃の働きを活発にする作用があるとされる。」

d 総合胃腸薬では、制酸と健胃のように相反する作用を期待するものが配合されている場合がある。

タイトルとURLをコピーしました