28−29 解答

スポンサーリンク

正答:2

a 文章通り
「噴射式の液剤では、息を吸いながら噴射すると気管支や肺に入ってしまうおそれがあるため、軽く息を吐いたり、声を出しながら噴射することが望ましい。」

b 文章通り
「含嗽薬は、水で用時希釈又は溶解して使用するものが多いが、調製した濃度が濃すぎても薄すぎても効果が十分得られない。」

c 文章通り
「口腔咽喉薬には、鎮咳成分や気管支拡張成分、去痰成分は配合されていない。」

d 含嗽薬の使用後、すぐに食事を摂ると、殺菌消毒効果が低下する

タイトルとURLをコピーしました