28−25 解答

スポンサーリンク

正答:3

a 胃液の分泌を亢進させる作用があり、副作用として胃腸障害が現れることがある。
胃液の分泌が亢進されると、食欲不振、悪心・嘔吐などの胃腸障害があらわれることがある。
胃酸過多や胃潰瘍の人は使用を避ける必要がある。

b 文章通り
「眠気や倦怠感を除去することを目的とした、眠気防止薬の主たる有効成分として配合される。」
カフェインには、無水カフェインや安息香酸ナトリウムカフェインなどが含まれる。
そのほか、眠気による倦怠感を和らげる補助的働きを期待して、ビタミンB1、B2、B6、B12などが配合されている場合もある。

c 文章通り
「循環血液中に移行したカフェインの一部は、血液-胎盤関門を通過して胎児に到達することが知られている。」
胎盤には、胎児の血液と母体の血液が混ざり合わない仕組みがある。これを血液胎盤関門と言う。
胎児は胎盤経由で母体から酸素などを受け取り、母体は胎盤経由で胎児から老廃物を受け取る。
血液胎盤関門は通常さまざまな物質の移行を抑止する働きがあるが、医薬品を母体が使用した場合に、どの程度胎児への影響があるかは、解明されてない部分がある。

d 文章通り
「腎臓におけるナトリウムイオン(同時に水分)の再吸収抑制があり、尿量の増加(利尿)をもたらす。」

タイトルとURLをコピーしました