28−24 解答

スポンサーリンク

正答:3

1 文章通り
「生体内情報伝達物質であるヒスタミンは、脳の下部にある睡眠・覚醒に関与する部位で神経細胞の刺激を介して、覚醒の維持や調節を行う働きを担っている。」
ジフェンヒドラミン塩酸塩は、抗ヒスタミン成分の中でも、このような中枢に対する作用が特に強く働く。

2 文章通り
「脳内におけるヒスタミン刺激が低下すると、眠気が促される。」

3 ホルモンのバランスの変化により妊娠中に生じる睡眠障害は、抗ヒスタミン成分を含有する睡眠改善薬の適用の対象とならない
抗ヒスタミン薬を主成分とする催眠鎮静薬は、一時的な睡眠障害の緩和に用いられる。
慢性的な不眠や、医療機関で不眠症と診断されている人を対象とするものではない。

4 文章通り
「抗ヒスタミン成分を含有する医薬品を服用後は、自動車の運転等、危険を伴う機械の操作に従事させてはならない。」
また、小児や若年者では抗ヒスタミン成分により神経過敏や中枢興奮が生じることがあり、特に15歳未満の小児では使用を避ける必要がある。

タイトルとURLをコピーしました