28−22 解答

スポンサーリンク

正答:2

1 文章通り
「アセトアミノフェンは、主として中枢作用によって解熱・鎮痛をもたらすため、末梢における抗炎症作用は期待できない。」
アセトアミノフェンは、小児のインフルエンザによる発熱時に使用できる唯一の成分である。

2 サリチル酸系の解熱鎮痛成分として、アスピリンやサザピリンがある。
ピリン系の解熱鎮痛成分にはアミノピリンやスルピリンなどがある。
アレルギーによる発疹などの副作用があらわれる場合があり、使用は制限される。

3 文章通り
「イブプロフェンは、一般用医薬品において15歳未満の小児に対しては、いかなる場合も使用してはならない。」
アスピリン、サザピリン、イブプロフェンは、一般用医薬品ではあるものの、15歳未満の小児に対しては使用しない。

4 文章通り
「アスピリン喘息はアスピリン特有の副作用ではなく、他の解熱鎮痛成分でも生じる可能性がある。」

タイトルとURLをコピーしました