28−21 解答

スポンサーリンク

正答:4

1 文章通り
「かぜの症状は、通常は数日~1週間程度で自然寛解する。」
4日以上続くときには、かぜではない可能性があり、医療機関の受診が推奨される。

2 文章通り
「かぜの約8割はウイルスの感染が原因である。」
稀に細菌の感染、冷気や乾燥、アレルギーなどの非感染性の要因による場合もある。

3 文章通り
「インフルエンザ(流行性感冒)は、かぜと同様、ウイルスの呼吸器感染によるものであるが、感染力が強く、また、重症化しやすいため、かぜとは区別して扱われる。」

4 かぜ薬とは、ウイルスの増殖を抑えたり、ウイルスを体内から除去する医薬品ではなく、対症療法の役割のあるものである。

かぜ(感冒)は主にウイルスが鼻やのどなどの上気道に感心して起こるさまざまな症状の総称で、医学的にはかぜ症候群という。

タイトルとURLをコピーしました