28−14 解答

スポンサーリンク

正答:1

a 文章通り
「医薬品の使用上の注意等においては、おおよその目安として65歳以上を高齢者としている。」
ただし、高齢者の基礎体力や生理機能の衰えには個人差が大きいため、年齢のみで一概に判断することは難しい。

b 文章通り
「ビタミンA含有製剤は、妊娠前後の一定期間に通常の用量を超えて摂取すると胎児に先天異常を起こす危険性が高まるとされている。」
ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康の保持、成長促進などに関わる脂溶性のホルモンである。
一方で妊娠3ヶ月以内または妊娠を希望する女性においては、胎児の催奇形性が起こる危険性があるため過剰摂取をしないように注意が必要。

c 文章通り
「便秘薬は、その配合成分や用量によっては流産や早産を誘発するおそれがあるものがある。」
一部の便秘薬に含まれる子宮収縮の作用により流産や早産が誘発されることがある。

d 文章通り
「妊娠の有無やその可能性については、購入者側にとって他人に知られたくない場合もあることから、一般用医薬品の販売において専門家が情報提供や相談対応を行う際には、十分に配慮する必要がある。」

タイトルとURLをコピーしました