28−13 解答

スポンサーリンク

正答:5

a 文章通り
「肝臓や腎臓の機能が低下していると医薬品の作用が強く現れやすく、若年時と比べて副作用を生じるリスクが高くなる。」
ただし高齢者(65歳以上)における基礎体力や生理機能の衰えは個人間でその度合いが異なるため、年齢のみから一概にリスクの大小を判断することは難しい。

b 文章通り
「実際に医薬品を使用する高齢者の個々の状況に即して、適切に情報提供や相談対応がなされることが重要である。」

c 文章通り
「喉の筋肉が衰えて飲食物を飲み込む力が弱まっている(嚥下障害)場合があり、内服薬を使用する際に喉に詰まらせやすい。」
嚥下障害とは、飲み込む力が低下してしまい、食物を飲み込むことがスムーズにできなくなった状態である。
食事中にむせる、食事後に声がかすれる、食事量減少による体重減少などの症状がある。

d 文章通り
「医薬品の副作用で口渇を生じた場合、誤嚥を誘発しやすくなる。」
食物を飲み込む(嚥下する)際には、食物を噛み砕き唾液と混合し食塊を形成する。
しかし唾液量が減少する(口渇)ことでその動きが妨げられ、誤嚥を誘発しやすくなる。
誤嚥とは、飲食物等が誤って気管に入ってしまうことである。

タイトルとURLをコピーしました